吾輩はさん、怒涛のFX奮戦記。
   FX(外国為替証拠金取引)での日々の葛藤を、全後悔・・・あ、全公開! ※投資は自己責任でお願いしますね※
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

吾輩は

Author:吾輩は
行きはよいよい 帰りもよいよい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 それはそうと
 
昨日からのダウの大きな反発で、
世界の株式市場が大きな上昇を演じると思いますが、
それによって懸念されることが・・・。

米国は、金融機関への公的資金注入を、
本心ではやりたくないはずです。

公的資金注入を回避するためには、
金融市場の混乱が無くなり、ダウ平均株価が上昇してくれるのが、
手っ取り早いわけです。

そこで、株価操作を行う可能性も考えられるのです。

金融安定化法案の枠内で、これ以上の追加措置をせずとも、
目先の混乱を見事に収めるという芸当を米国はやってのけるでしょう。
(もうやってのけたのかな??)

しかし、それはあくまで目先のことであり、
では、それで実体経済がすぐに上向くかといえば、
決してそうではありません。

表面だけを取り繕う粗悪なメッキは、すぐに剥がれてしまうわけで、
それが今後、どのような形で大きな反動を生むことになるのか・・・。

そこが怖いところであります。

ということで、先日も書きましたが、
米大統領選を終える11月以降からの動きを非常に気にしています。
今の市場参加者はとにかく悪材料に敏感です。
少しでも綻びが見えると、一気にセンチメントを反転させます。

今回は一旦収まったかのように見えますが、
まだまだ悪材料に事欠かない状況ですので、
気を抜かないようにしましょう。


でわ。

スポンサーサイト

為替日記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/10/14(火) 10:03)

<<様子を見よう。 | ホーム | 反転始まりましたねー。>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://wagahaisan.blog33.fc2.com/tb.php/165-6a209ca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 吾輩はさん、怒涛のFX奮戦記。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。