FC2ブログ


   吾輩はさん、怒涛のFX奮戦記。
   FX(外国為替証拠金取引)での日々の葛藤を、全後悔・・・あ、全公開! ※投資は自己責任でお願いしますね※
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

吾輩は

Author:吾輩は
行きはよいよい 帰りもよいよい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 ニンテンドーDS「外為売買トレーナー カブトレFX」
記事は こちら から。

FXが世間一般に広く知られるようになったのは、
本当にここ数年のことだと思います。
僕もここ数年の間に知って、始めたクチです。

しかし、
似たようなゲームソフトは今までもありましたが、
まさかゲーム機で、バーチャルとはいえ、
現市場のレートを使って、売買出来るようになるとは
思ってもみませんでした。

資本主義が広義の意味で世界標準の社会において、
このようなゲームソフトを通して、広い世代で金融の世界を
知ることが出来るのは決して悪いことではないと思います。
日本は、金融に関しての教育そのものが後進国であり、
そういった意味でも、若年のうちから興味をもって、
真剣に勉強を始めるきっかけにでもなれば、
このようなソフトには意義があると言えるのでしょう。

しかし、
実際にFXの世界に飛び込んで、
真剣にトレードをされている方々は知っていると思います。
安易に飛び込む事の怖さを。


僕の場合、
まずはFX会社のバーチャルトレードから始めました。
最初は大した経験も知識もなく、ただチャートの上下を見ながら、
売り買いをしていたのですが、なぜか利益が出てしまいます。
それこそ、たった数分間で、数万円、数十万円の利益です。

「なんだ、これ!楽勝!」

これが僕の最初の感想であり、
為替という巨大金融市場への間違った認識の始まりでした。

「これなら本当に不労所得も!」

なんて夢のようなことも頭をよぎりましたが、
その後の『実弾』トレードで、最初の認識が、
とてつもなく大きな間違いだという事に、
嫌でも気付かされる事になります。


「バーチャルでは勝てるのに、実際のトレードでは勝てない」
という話をよく耳にすると思います。
これは、バーチャルトレードでの資金が、
自分で準備した本物のお金ではない事が一番の要因です。
ゲーム感覚で売り買いができ、損失を出しても

「自分のお金ではない」

という安心感があるからこそ、大胆なトレードが出来る。
それがたまたま上手くトレンドに乗ってしまえば、
大きな利益を生む事になる。
もし短期間のうちに、大きな利益が出せたとしたら、
はやく本当の為替市場に飛び込んで、
実際に資金を増やしたいと思うことでしょう。

しかし、実際のお金(実弾)を投入した途端に、
殆どの人が臆病になってしまいます。

「資金を減らしたくない、いや、減らせない」

という強迫観念のようなものに支配されるからです。
こうなると、もし買った価格から少しでも下がって、
少しマイナスになっただけでも、怖くてすぐに損切りをします。
しかし、損切りをした途端に、チャートが反転し、どんどん上昇。

しまった!あのまま持っておけば・・・と自分を責める程に
くやしい思いをします。

逆に、

「この前は損切りをしたあとに上昇したんだ。
今度も同じように上昇してくれるさ!」

という思い込みから、買った価格から多少下げても、
そのまま損切りせずにポジションを持っていたら、
そのまま下げ止まらず、ついには大きな損失を出してしまった。
悔やんでも悔やみきれない状態になってしまいます。

このような事はほんの一例であって、
実際の相場に飛び込むと、もっと辛い思いもたくさんします。
もちろん、利益が出て、嬉しい思いもたくさんします。


相場に向き合うにあたって大切なのは、
どれだけ自分の感情をコントロール出来るかという事であって、
常に利益を出すことが全てでありません。


ということで、話をゲームソフトに戻しますが、
売り買いのゲームを楽しんで利益が出せたからといって、
本物の相場の世界で同じように利益が出せるかというと、
ほぼ皆無に近いと考えてよいと思います。

バーチャルにはバーチャルの、
リアルにはリアルの世界があります。

このようなゲームソフトを世に出す側は、
その”大切な部分”をしっかりと発信し、
利用する側もそこを理解したうえで、
入門書の一部として利用して頂きたいと思います。


何事にも良い面、悪い面はあります。
どちらに転ぶかは、利用する側の認識ひとつです。


でわ。
スポンサーサイト

為替日記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/02/21(土) 13:15)

<<ドル円 | ホーム | 株価連動相場は終わったのか>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://wagahaisan.blog33.fc2.com/tb.php/203-489bf291
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 吾輩はさん、怒涛のFX奮戦記。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。